FC2ブログ
中野ブロードウェイのTシャツ屋「オルタナティヴ」の新着情報&日記
liveさる1/29(日)、行き付けのバー「空想科学」主催のライブも無事に終了!場所は中野北口のブルース・バー「ブライト・ブラウン」。
いやぁ~、しかし、今回はただの呑み屋主催のライブとはワケが違った。トップバッターのブルースマン、町田謙介さんがのっけから超ハイ・テンションでぶちかましてくれた。今回初めて観たんだけど、コテコテのブルースかと思いきや、誰もが知ってる曲をブルースアレンジで聞かせたりと、客を楽しませるところはやっぱプロ。続く上野コンビもオリジナル&カバー曲で固定ファンはもちろん、今回のライブで新規ファンをかなり獲得した模様。3番手はきよみちゃんがソロでオリジナル曲と「ボヘミアン・ラプソディー」の2曲を熱唱。そんでもって、マスターと僕ら総勢6人のビートルズ・カバーバンドもアンコールも含め、トータル10曲を演奏。曲を覚えるだけで大変だったけど、スタジオ練習3回にしてはまずまずの出来。そしてラストは今回の特別ゲスト、伝説のロック・バンド、「村八分」の加藤義明氏、通称ヨッチャン。最初は弾き語りでスタート。中盤は村八分の未発表曲なんかも披露。もう、それだけで儲けもんってとこだけど、途中から色んなゲストが参加し、ラスト2曲ではマスターのはからいで僕も参加させてもらうことに。ひぇ~、マジっすかぁ~っ?!ワケがわからないうちにステージへ。とりあえずキーを探しながら演奏についていった。最後の曲では、加藤氏ともう1人のゲストのギタリスト(写真中央)の女の子と3人でちょっとしたギターバトルに。ノッてきた加藤氏が僕らにボリュームをあげるよう指事、ボリュームとともにテンションもどんどん上がる。座って演奏していた加藤氏も後半は立ち上がり、テーブルに足をかけて弾きまくり。目配せでソロを回し、気分は一気に最高潮!やっぱいいね、ロックンロールは!演奏が終わったあとも興奮の余韻が覚めずといった感じでよいライブとなりました。個人的にも久々に心地よい緊張感を味わうことができた一日でした。これも、いい機会をくれた空想科学のマスター、そして快く参加させてくれた加藤さんとそのゲストさんのおかげです。感謝!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alternativeclothing.blog24.fc2.com/tb.php/1189-35608d92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック